そいえば

高校生の時、現代文の授業で先生に、

 

これは筆者が何を言いたいのでしょうとか、小説の読み方を教えて何の意味があるんですか?って聞いたうざい高校生だったなぁ。

 

 

今となっては、行間を読むっていうことが空気を読むことにつながるから、その為の学習だったのかなと思うし、筆者が言いたいことを考えるというのが相手が何を言いたいのか推測することにつながるのかなと思うけどね。

 

しかし、最近は一周回って結局、推測は推測でしかないから、それすら意味があるのかどうかはよくわからなくなってきた(笑)

 

人それぞれ方法はいく通りもあっていいんじゃないかと思う。

高校生の時から全く変わっていないのか?私は。