三週間前に負った傷はほぼ痕も残らずに治った。

 

おでこはうっすら赤いし、おでこも顎も強打したから少しデコっとしちゃったけど、見た目にはわからない。

 

 

心に傷なんて負ったことないけど、想いの跡は永く残るもの。

良い性格に育ててもらったんだろう。

他者に期待しないから、裏切られない。

だから、傷も負わないんでしょう。

 

結構忘れっぽい性格だから、ずーっとずーっと覚えてるかどうかはわからないけど、まだまだいろいろ捨てられない。

 

鍵も動かせない。

 

いつか思い出しても、涙が出ない日が来るんだろうけど、その日が早く来て欲しいのか欲しくないのかさえわからない。

別につらくなんかないんだけど、心象風景が脳裏に浮かぶと涙が出てしまうよ。

 

好きって、切ないって「感情の動き」というだけなのだけど、感情が動くと涙が出るって人間の体って不思議だ…。

 

他に好きな人ができたら、すべて変わるからそれまではこのままにしておけばいい。

無理に変えることなんてない。

 

やっぱ年だなぁ(笑)

20代の時はどうにかして変えようとしたけど、今はあるがままだわ〜。

川の流れが変われば、自分の行き先は変わるから無理に漕ぐことはないかと。