独りを慎む

君子は必ずその独を慎むなり

 

人が見ていようが見ていまいが、自分自身を絶対化することを慎独という。