自分を信じること

自分が精一杯やってると思えないから、なかなか難しい。

 

 

でも、あなたが不完全な私を好きになってくれていたからそれは自分にとって救いだった。

 

 

 

いつも私は自信がない。

他者に比べてという意味ではなく、自分自身がもっとやれると思いながら、怠けてしまう自分がいるから。

 

他者と比べたら自信はあるけど、絶対的なものはない。

 

自分が思う完璧な自分に近づくことってできるのかなぁ(ー ー;)